生命の源、ミトコンドリアとは?

更新が随分と遅くなってしまい、申し訳ございません。

今回は、前回に少し触れた「ミトコンドリア」について書いていこうと思います。

ちなみに、上の画像はミトコンドリアのイメージ画像です。

ミトコンドリアとは?

ミトコンドリアとは、細胞の中にある細胞小器官で、主に生命のエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)を作る役割があります。

人の体には約37兆個の細胞がありますが、赤血球を除いたそのすべての細胞にミトコンドリアは存在します

名前の由来は、形状が糸状であることから、ギリシャ語で糸【mitos】(ミトス)と顆粒【chondros】(コンドロス)からできた造語です。

ちなみに、ミトコンドリア【mitochondria】は複数形の呼び方で、単数系はミトコンドリオン【mitochondrion】といいます。

1つの細胞に何個くらいあるの?

たまに「ミトコンドリアって1つの細胞に何個あるんですか?」という質問を頂きますが、これについては正確に何個ということはできません。

なぜなら、ミトコンドリアは常に活発に動いていて測定が難しいからです。

よく、教科書にのっている細胞の図だと、1個あるいは2個のミトコンドリアが描かれたりしています。

しかし実際には、1個や2個どころではなく、数十個〜数百個あります。

また、ミトコンドリアは、時折、2個のミトコンドリアがくっついて1個になったり、1個が2個に分裂したりするので、それも数を正確にカウントできない理由の一つです。

ちなみに何故、くっついたり離れたりするのかというと、日々、ミトコンドリアは活性酸素によるダメージを受けています。

その修復のために、くっつくことで足りない材料を他のミトコンドリアからもらって、また離れるという活動をしていると考えられています。

ミトコンドリアが多い場所

冒頭に、すべての細胞にミトコンドリアがあると書きましたが、じつは細胞によってその数は大きく異なります。

ミトコンドリアはエネルギー源のATPを生産するのが主な役割であることから、エネルギーをよく使う箇所に多く存在します。

つまり、最も多いとされるのが筋肉です。

そして、臓器では心臓膵臓肝臓などが多いとされています。

話は変わりますが、すべてのミトコンドリアを合わせたとしたら、総重量ってどのくらいあると思いますか?

細胞の大きさの平均が約20μm(200,000分の1メートル)でミトコンドリアはそれよりも小さいわけですから、せいぜい1〜2kgくらいかなと思いそうですよね?

一説によれば、驚きの体重の10%もあるそうです!

つまり、体重が60kgであれば、6kgはミトコンドリアの重量です!

前回の記事で書きましたが、ミトコンドリアが作る1日のATP総量はおよそ体重と同じくらいですから、体重の10%というのも納得できます。

ミトコンドリアについては、まだまだ面白い話が多いので、この続きは次回にもち越させて頂きます!

次回は、「ミトコンドリアは初めから存在したのか?」について書いていこうと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

東京都文京区関口にある、パーソナルトレーニングジム focus代表。ファスティング・フィットネス協会 認定講師。 日々「機能解剖学に基づいたトレーニング」と「真の健康栄養学」を探求している。 趣味は、映画鑑賞(とくにサスペンス&ホラーが好き)、格闘技鑑賞、漫画を読むこと。