小まめに手洗い・うがいをおこないましょう。

現在、世界各国でコロナウイルスの感染が懸念されており、皆様も様々な影響を受けていることと思います。

日本環境感染学会によると、感染予防にはインフルエンザと同様に、やはり、小まめな手洗い・うがいが有効とのことです。

今回は、手洗いのポイントについて紹介したいと思います。

1. 指尖(爪の先)と手掌(手のひら)を洗う

手洗いのポイントとしてまず挙げられるのが、指先と手掌(手のひら)です。

手の中で特に細菌がいるといわれているのが、指尖(爪の先)と手掌(手のひら)です。

手洗いをする際には、片方の指尖で反対の手掌を洗えば、ダブルで洗うことができ大変効率が良いです。

常に爪を短く整えておくことも重要でしょう。

2. 指の間(人差し指〜小指それぞれの間)を洗う

各指の間もしっかりと洗いましょう。

ここを洗う際も、互いの指で擦り合うように洗うと効率が良いです。

3. 親指と人差し指の間を洗う

親指と人差し指の間も細菌がいる場所といわれています。

ここも入念に洗いましょう。

4. 手首〜前腕の半分くらいまで洗う

最後に、手首〜前腕の半分くらいまで入念に洗っておくと良いでしょう。

以上に紹介した手洗いは、今回のような事態に限らず、通年やっておくべきことです。

私自身も今回のような事態で、手洗いの重要さに気づかされました。

皆様も帰宅された際には、是非小まめに手洗い・うがいを心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です