人の動きとは

画像 引用元 「ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典」

私たちは普段、歩いたり、走ったり、階段を登ったりといった動作を特に何も考えずにおこなっていますが、これらの動作はすべて関節運動によって成り立っています。

そして、その関節運動はシンプルに考えると、3パターンの動作の組み合わせによっておこなわれます。

今回は、その3パターンの動作について分かりやすく解説したいと思います。

1. 矢状面

矢状面  【sagittal plane】  とは、人体を左右に分ける面です。

動作としては、腕を前後に上げ、下げしたり、脚を前後に上げ、下げしたりする動きです。

日常生活動作の大半が矢状面の動きになります。

2. 前額面

前額面  【frontal plane】  とは、人体を前面(腹側)と背面(背側)に分ける面です。

動作としては、腕を横に上げ、下げしたり、脚を横に上げ、下げしたりする動きです。

日常生活では、矢状面ほどは多くはありませんが、バランスをとる時などに前額面の動きが重要になってきます。

3. 水平面

水平面  【horizontal plane】  とは、人体を上下に分ける平面です。

動作としては、脊柱や腕や脚を回旋する動きです。

日常生活動作では、後ろを振り返る動作などです。

問題 歩行動作は何面運動?

上記の説明ではまだ全然理解しづらいとは思いますが、ここで問題です。

私たちの最も基本的な動作である 「歩く」 という動作、これは何面の運動でしょうか?

次回にまた詳しく解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です