五大栄養素について

五大栄養素には、「主要栄養素」「微量栄養素」があります。

そして、その主要栄養素の3つが、いわゆる三大栄養素という「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」です。

微量栄養素は、主に「ビタミン」「ミネラル」です。

それぞれの栄養素には役割があります。

役割を大きく分けると、「身体活動のエネルギー源」「身体の構成」「体調のコントロール」の3つになります。

まず、身体活動のエネルギー源に役割をするのが、三大栄養素である「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」です。その中でも、炭水化物(糖質)と脂質は身体を動かす際の主要なエネルギー源となります。

次に、身体の構成の役割役割をするのが、「たんぱく質」「脂質」「ミネラル」です。中でもたんぱく質は、骨格筋、臓器、皮膚、毛髪、爪など様々な構成を担う、大変重要な栄養素です。

最後に、体調コントロールの役割をするのが、「ビタミン」「ミネラル」です。代謝のサポートや体調を整えるといった働きします。

次回は、栄養素の一つずつにスポットをあてて、詳しく解説していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です