骨盤の傾き

前回に引き続き、今回も姿勢について書いていこうと思います。

代表的な不良姿勢に「猫背」や「反り腰」といったものがありますが、それらを引き起こす要因の一つとして、“骨盤の傾斜”が挙げられます。

皆さん、ご自身の骨盤の傾斜がどのような状態か把握していらっしゃいますでしょうか?

解剖学では、正常な状態を「ニュートラル」、骨盤が過度に前方へ傾いている状態を「骨盤前傾」、後方に傾いている状態を「骨盤後傾」と呼びます。

それでは、それぞれの姿勢を図で解説してみたいと思います。

 

骨盤の理想的な傾斜とは?

右側方から見た骨盤

上の図は、骨盤を右側方から見たものです。

骨盤の傾斜は、ニュートラルで正常な状態です。

ニュートラルの定義は、骨盤の前側上部にある上前腸骨棘と、後側上部にある上後腸骨棘の高低差が、側方から観察した際に“2横指以上〜3横指未満の範囲におさまっている状態”です。

上前腸骨棘【ジョウゼンチョウコツキョク】

骨盤の前側上部にある、触ると明らかに出っ張っているところです。
触診は慣れれば容易にできます。

上後腸骨棘【ジョウゴチョウコツキョク】

後側上部にある出っ張りで、ベルトを巻く位置のやや下あたりのイメージです。
触診はやや難しいですが、前屈するとし易くなります。

〜横指【オウシ】

横向きにした指のことです。
例えば、2横指と言ったら指2本分という意味で使います。

 

骨盤の前傾とは?

上の図は、骨盤が前傾している状態です。

骨盤前傾の定義は、上前腸骨棘と上後腸骨棘の高低差が“3横指以上ある状態”です。

過度に前方へ傾いた結果、腰椎の前湾を強めてしまいます。反り腰の原因です。

 

骨盤の後傾とは?

上の図は、骨盤が後傾している状態です。

骨盤後傾の定義は、上前腸骨棘と上後腸骨棘の高低差が“2横指未満の状態”です。

後傾した結果、自然は腰椎の湾曲が失われてフラットになり、胸椎が過後湾し易くなります。猫背の原因です。

上の図では、上前腸骨棘と上後腸骨棘が水平な状態になっていて、一見、水平なのでニュートラルのような気もしますが、2横指未満なので骨盤後傾となります。わずかに上後腸骨棘が高い位置にあったとしても、やはり2横指未満であれば骨盤後傾と評価されます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご自身がどのタイプなのか知りたくなってくると思いますが、じつは、骨盤の傾斜を自分で評価するのは非常に難しいので、ぜひ一度、専門的な知識を有する方に骨盤の傾斜を正しく評価してもらうことをおすすめします。

評価してもらうことで、どの筋肉が拘縮していて、どの筋肉が弱化しているかの見立てをすることができるので、姿勢を改善したい方には必須な姿勢チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です