姿勢を考慮することの重要さ

トレーニングをおこなう上で、考慮しなければならない重要なことの一つとして、『姿勢の評価』というものがあります。

姿勢は、運動歴、職歴、ライフスタイルなど、様々な要因がもととなり、造り上げられます。

代表的な例として、背中が丸くなった「猫背」や、腰が過度に反った「反り腰」などが挙げられます。

様々な原因はあると思いますが、筋肉という観点からみるならば、この2つの姿勢は“正反対の筋肉が硬くなっている”と言えます。

硬くなってしまっている筋肉が真逆であるということは、言い換えるなら、“鍛えなければならない弱化している筋肉も真逆”ということになります。

したがって、その方の姿勢を考慮していくと、トレーニングプログラムは人それぞれ違っていて当然で、仮に同じ種目をやるにしても重点を置くべきポイントは変わってくるはずです。

また、姿勢を考慮しないでトレーニングをおこなってしまうと、場合によってはその不良姿勢が悪化していくことも十分に考えられます。

それくらい姿勢の評価というものは重要なのです。

次回は、その姿勢についてもう少し詳しく解説したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です